社長の四国お遍路記「第1話」

 私の趣味はお遍路です。
 四国お遍路を始めたきっかけは、父親を亡くし母親と一緒に父親の供養のために始めました。
 父親が亡くなり丁度来年で13回忌になりお遍路を始めて11年目になります。
 初めは巡礼の作法がわからなかったため、旅行会社のバスツアーにてお遍路を始めました。
 四国一国を春・秋と計4回、2年をかけて88寺を巡拝します。
 阿波(徳島県)23寺は順調に2泊3日で巡拝することができました。
 しかし土佐(高知県)では、お寺の数は少ないのですが、走行距離が長く母親がエコノミー症候群になってしまいました。
 土佐(高知県)の次の伊予(愛媛県)からはレンタカーにて巡拝することにしました。
 2年かけて88寺を巡拝しその年の秋に高野山奥の院を参拝して見事四国お遍路を結願しました。2年をかけ88寺を巡礼し、結願したのですが、日常生活を送っているとまた、四国に行きたいという気持ちが強くなり、会社の従業員・賃貸オーナーさんと再び四国巡拝することになりました。
 お遍路で巡礼し、般若心経を読み四国の素晴らしい風景を見ていると心が洗われると言うか、なんとも言えない気持ちになります。
 現在では、4組のお遍路グループの先頭に立ち2年で4週回っております。
つづく

 株式会社東洋不動産 代表取締役 邑田一夫

menu